家が値下がりした場合


家の価格が購入時よりも値下がりしてしまった、というケースは多いですよね。新築物件を売る時は当然購入時より安くなりますし、中古でも同様のことが多いです。このようなケースでは、家を売る時の税金はかかるのでしょうか。

電卓結論を言うと「税金はかかりません」。住宅も含めて、その不動産を購入した時の金額より、安い値段で売った場合には、売り手には税金がかからないのです。これはよく考えると当たり前で「利益が出ていない」からですね。個人でも法人でも税金というのは「利益」に対してかかるものなのです。

「買った時より安く売った」ということは、利益どころか赤字なので、この損失を使って「その後の年度の利益を減らす」ことができます。これによって「税金を安くできる」わけです。

つまり「売る時点で税金がかからない」というだけでなく「翌年以降の、不動産と関係ない収入に対して、課税される金額を減らすこともできる」わけです。家の値段が購入時より下がってしまうのはショックですが、それでもこのように、税金面で多少は優遇してもらえるわけですね。特に「損失を使って、翌年からの利益を減らす」という「繰越控除」については、知らずに損している方が多いので、これはぜひ活用なさってください。