土地建物所有期間


家を売る場合、その建物に長く住んでいたこともあれば、短期間しか住んでいなかったということもあるでしょう。実は、このような「住んでいた期間」によっても、売却にかかる税金が変わるのです。この「土地建物所有期間」について解説します。

家の写真この期間は「長期・短期」の2種類に分けられます。長期は「5年超」で、短期は「5年以下」です。長期に該当する場合(長く住んでいた場合)は、その建物を売った時の利益は「長期譲渡所得」とされます。そして、かかる税率はやや低くなります。

一方、「短期譲渡所得」については、かかる税率が高くなります。これは「住む目的で買った建物ではなく、最初から売買を目的としていた可能性が高い」と国税庁から見られるからです。つまり「稼ぐために不動産を転売している人に対しては、高めの課税をしよう」という方針ですね。

まとめると、もし「5年超」という長期間住んでいた物件なら、売却時にかかる税金の割合も低くなって有利です。一方「5年以下」という短期間で売る場合には、税金が高くなってしまうので、特に売却価格が高い時には、その税金の支払いの準備もしておく必要があります。高く売れて利益が出ても、それが全て自分のものになるわけではない、ということを理解して下さい。