家を売る時の税金


家を売るのは、多くの方々にとって人生で初めての仕事なので、何をどうしたらいいか全くわからないですよね。特に税金に関する内容は、家を売ること以外でも難しい分野なので、これについて悩んでいる方も多いかと思います。

考える女性まず、家を売る時にかかる税金の種類ですが、これは2種類です。「譲渡所得税」と「住民税」です。名前は長いですが、譲渡所得税は普通のお給料でいう「所得税」だと思ってください。住民税は名前の通りで、お給料にかかるものと同じです。

次に家を売る時の税金の計算では「土地建物所有期間」も重要になります。5年以下しか住んでいなかった物件だと、売る時の税金も高くなります。逆に5年超住んだ場合には、税金が低くなります。これは「不動産の転売で利益を上げる人に対して課税をする」ためのルールです。

家を売る時、バブルのような転売でなければ、大抵は「購入時より安い価格になってしまう」ものです。そのような時、税金はかかりません。税金は「利益が出た時」にかかるものだからです。購入時より低い値段ということは、利益が出ていないので、税金を払う必要はないということです。

以上、家を売った後の対応の中でも、特に税金の支払いのルールについてまとめてきました。大抵、家の売却では不動産会社を通すので、その担当者の方が教えてくれることではありますが、事前に知っておくことで、売った後の費用がいくら必要か、などのシミュレーションができて良いでしょう。こうした知識も持って、物件の売却に臨んでいただけたらと思います。